クローン病患者を救う“水素水”

ダウンロード (1) ダウンロード ダウンロード (2)
「クスリは逆から読むとリスクになります。すべてのクスリはリスクなのです」
クローン病ってなに?
クローン病とは、大腸や小腸の粘膜に、慢性の炎症(赤くはれたり痛んだりしている状態)や
潰瘍(炎症により深いところまで傷ついた状態)を引き起こす原因不明の疾患の総称を「炎症性腸疾患」といいますが、クローン病も、この炎症性腸疾患の一つです。
口の中から肛門までの消化管のうち、クローン病では
特に小腸の末端部に炎症や潰瘍ができやすく、病変(病気が原因となって起こる変化)と病変の間に正常な部分が存在する”非連続性の病変”が特徴です。
10歳~30歳代に多く発症し、女性より男性が多いです。日本では毎年1500人程度が発症していますが、欧米の1/10程度の発症数です。
クローン病の主な症状としては、腹痛、下痢、血便、発熱、嘔吐、貧血、栄養不良、痔などの肛門病変、体重減少などがあります。
腸管の合併症としては、狭窄(腸の内部が狭まること)、
穿孔(腸に穴が開くこと)、膿瘍(うみ(膿)がたまった状態のこと)、
などがあります。
また、関節炎や結節性紅斑(皮下脂肪に炎症が起こって
皮膚に赤いしこりができる病気)など、全身合併症を伴うこともあります。
クローン病は、原因不明のため、根本的な治療法はありません。しかし、適切な治療を行うことにより、寛解(症状が落ち着いて安定した状態)を維持することができます。
治療法は栄養療法や薬物療法が一般的ですが、
狭窄、穿孔、膿瘍を形成した場合は外科手術を行います。
トランス脂肪酸はクローン病だけでなく、
万病の元だった
現在の日本ではさほど重視されていない
“トランス脂肪酸”

欧米では2006年からトランス脂肪酸の有害に着目し、厳しい規制がかけられています。
今は更に厳しくなり、“ショートニング”の使用も有害とされています。

トランス脂肪酸の危険性を重視する諸外国では、
日本人独自の食文化が注目され、
健康食として和食(日本料理)が取り入れられるのも、
日本人だけが取り残された食の常識と言えるでしょう。

トランス脂肪酸
水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物で、
悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、
ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。

ドイツで、水素添加マーガリンの発売開始時期・地域と、クローン病(腸の慢性炎症疾患)」患者の出現時期と地域が一致したことがきっかけでした。



現在はトランス脂肪酸の量によって製造が規制されています。 ほかにも、フィンランドやデンマーク、オランダでも、似たような対策がされています。

トランス脂肪酸・ショートニング
植物油を主原料とし
人工的に水素添加物により生成された
自然界には存在しない食用油脂
バターや、ラードの代用として利用され、
油に隠された危険「プラスチック化」された油脂=トランス脂肪酸ということより、
トランス脂肪酸や、ショートニングを使った食品を
「プラスチック食品」と呼ばれる程の危険性があります。
マーガリンやファストフードだけでなく、
女性が好む食パンや菓子パン、ケーキ、クッキー、アイスクリームといった食べ物には、トランス脂肪酸が多く含まれる。
意外に知られていないが、
トランス脂肪酸はマーガリンだけではなく、
パンの材料でもあるショートニングやファットスプレッドにも入っているため、パン類やクッキー類などの〝粉もの〟にも多く含まれています。
トランス脂肪酸を含む食品ワースト5グループ■ぬりもの・オイル系
マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど
■お菓子系
ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど
■インスタント・レトルト系
カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど
■ファーストフードやファミリーレストラン系
チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど
■冷凍食品系
から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど
現在医療分野で注目されている「水素治療」
現在、医学界で水素は生成、保存が難しが、難病とされる原因不明の病気に効果的だということが認められ、研究が進み、臨床試験が進められている水素治療です。
水素には傷ついたDNAを修復するといった臨床データもあり、世界各国の“奇跡の水”とされ難病治療で飲用されている水に微量ながらも、通常のみずよりおおくの水素が多く含まれていることも今や常識のひとつです。
世界の奇跡の水と水素水の比較
・ルルドの水・・・・550ppt
・トラコテの水・・・250ppt
・ノルディナウの水・・100ppt
・フンザ王国の水・・・100ppt以下
・水素水・・・2000000PPT(200万PPT)
体内に病原菌が侵入病原菌を殺す目的で白血球が活性酸素を産生必要以上に作られた活性酸素が自分自身の肉体を攻撃する病気の原因活性酸素が関連している主な病気として
老化 発がん 放射線障害 ストレス性の胃・十二指腸潰瘍 糖尿病 やけど 動脈硬化白内障 アトピー性皮膚炎 てんかん 脳卒中心筋梗塞 パラコート(農薬)中毒
このほかにも、従来は原因不明とされていた、いわゆる難病のいくつかも活性酸素が関連していることがわかってきた。
少なくとも、対症療法として活性酸素を消去する
治療を行えば、症状を軽減できる可能性が出てきたわけだ。たとえば、川崎病、ベーチェット病、クローン病などだ。
水素水の飲用によって改善された臨床例を観察、確認されています。