ダイバーを悩ます減圧症には水素が有効!

 ダイバーを悩ます減圧症 
ダイバーにとって頭から離れないのは、減圧症(潜水病)です。
色々な研究が進むなか、確実な予防法がみつかっていません。
だからといって、何もしないよりは、多少なりとも対応策をとっておくのが賢明である。
また、ダイバーだけでなく登山家にも同じ様な症状がある中、減圧症(潜水病)に注目して予防策となりうる方法を案内いていきます。
現在まだ調査中の為、確実な予防につながるとは言い切れません。
 減圧症とは・・・・ 
スクーバダイビングをした後に、周囲の圧が下がることにより身体中に窒素の気泡(マイクロバブル)が発生する障害です。
気泡が体内に残ってしまうと、身体のシビレ痛み皮膚のかゆみめまい吐き気などの症状をおこします。
重度減圧症では平衡感覚がなくなって真っすぐに歩けなくなったり、手で物を握ることが困難になったりなどの症状が出ることもあります。
身体の組織や体液に溶けていた気体が、環境圧の低下により体内で気化して気泡(マイクロバブル)を発生し、血管を閉塞して発生する障害、潜水症(病)、潜函症(病) あるいはケーソン病とも呼ばれています。
酸素や二酸化炭素は、呼吸により速やかに排泄されるので減圧症を発生させることは少ないのですが、通常問題になるのは窒素で、大深度潜水に用いられるヘリウムが原因になることもあります。
 ダイバーを脅かす最大の敵は、活性酸素 
活性酸素とは病気の原因の9割に関わっていると言われています。
減圧症の治療のために再圧チェンバーという空間で酸素を吸入した際にもさらに、活性酸素が大量に発生するのです。
つまりダイバーは、地上で生活している人よりも、はるかに大量の活性酸素にさらされているのです。
この事からダイバーは一般の人よりも高血圧、糖尿病、不整脈などの生活習慣病にかかる人が多いという話もあります。
その活性酸素を唯一除去できるものはこの世にただ一つ「水素」なのです。
また、水素分子のように効果的でありながら他にダメージを与えない抗酸化物質は、その利便性から多くの医療分野での応用が可能で、
現在、水素ガスの吸引は減圧症からダイバーを保護するために用いられ、その安全性が広く確認されています。
水素水摂取により、活性酸素の除去や、乳酸を取り除く効果及び、抗酸化物質を生成 酸窒素と結合を促します。
これはまさに、
予防治癒共に水素水はダイバーにとって必要なものともいえるでしょう。