水素水の効果効能

水素水がもたらす
疾患・症状に対する効果効能
 

病気の予防から未病の予防へ
未病とは、検査を受けても異常が見つからず病気と診断されないが、健康ともいえない状態。放置すると病気になるだろうと予測される状態のこと
何かとストレスの多い現代社会において、ストレスが一番活性酸素をつくりだすと言われています。
水素水を毎日体内に採りいれることはあらゆる病気からからだを守るだけでなく、未病の予防をふせぐ事につながります。

20種類以上の
疾患・症状に対する効果と効能

水素水は、水素がもつ抗酸化力や還元力、特性により、20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が医学的な臨床試験により証明されています。

活性酸素が引き起こすと思われる病気
浮腫 血管透過性亢進 虚血
(一時血流障害)
老化
動脈硬化 炎症 脳虚血 虚血性心疾患
胃粘膜障害 潰瘍性
大腸炎
白内障 急性膵炎
クロ-ン病 関節
リューマチ
凍傷 パラコート中毒
アトピー性皮膚炎 放射線障害 紫外線障害 アルツハイマー型
認知症
ポリフィリン血症 溶血性疾患 地中海性貧血 パーキンソン病
成人呼吸窮迫症
(ARDS)
 薬物性
肝障害
てんかん発作  ショック藩種性
血管内血流凝固症疾患
自己免疫疾患 虚血性陽炎 化学発ガン 未熟児網膜症
肺気腫 ガン転移 糖尿病 熱傷
ぜんそく 呼吸器疾患 小児疾患 筋ジストロフィー
吉川敬一抗酸化物の知識より

オススメ関連記事
水素水選びのポイント術
活性酸素と水素水