いま、水素水が注目されている理由

水素水素2
 水素水ってなに?
水素(hydrogen)の語源は、ギリシャ語の「水(hydro)」と「生じる(gennao)」の2つの言葉にあるといわれています。その名ののとおり、酸素と共に水を構成するものです。
水素は、宇宙空間に存在する物質の中で最も量が多く、最も軽い無味無臭の気体です。原子(H)の状態だと不安定ですが、水素分子(H2)の状態になると安定します。また、水素は火に近づけると燃えやすいイメージがありますが、素早く拡がりやすいという性質から、高濃度になりにくいため、本来は簡単に燃えません。
『水素』が注目されたキッカケは? からだに良い『水素水』とは・・・
2007年、アメリカの学術誌『ネイチャー・メディシン』に、水素の生体への効用が発表されました。以降、国内外の大学や研究機関で水素の研究が次々と行われるようになりました。
水素のはたらきで最も重要なのは、体内に発生した「活性酸素」を体外へ排出する、というものです。
老化や病気の大きな原因のひとつで“万病の元”ともいわれているこの活性酸素は、呼吸や食事をするだけでも発生します。
また、体内に入る酸素の約1~2%は活性酸素になるといわれ、過剰に増えると体内を酸化させてしまうことはよく知られています。
水素を、分子の状態で豊富に含んでいるものが「水素水」と呼ばれる飲料水です。
からだによい「水素水」の条件はズバリ、水素の含有量にあります。それは、水の中に豊富な水素があればあるほど、体内でより多くの活性酸素と結びつき、どんどん排出してくれるからです。
「水素水」を選ぶときは、水素の含有量がひとつのポイントなのです。
多方面で研究が進む『水素水』
水素水』は、その研究が進むにつれ、さまざまなはたらきがあることがわかりつつあります。
健康面では、生活習慣病の改善や、口腔ケアにも役立つといわれています。
美容面でもはたらきが期待されていることから、「水素水」だけでなく、水素を含む化粧品やサプリメントも開発されています。
「水素水」はまさに、健康にも美容にも役立つ「生命の水」
このように多方面からはたらきが期待されるため、いま水素水が注目されているわけです。
水素水ならどんなものでもいいの?
アルミパウチ 水素は最も小さな物質で、気体の中では最軽量、非常に早く動くという特徴を持っています。
もちろん目にはみえません。それだけに、保存するのがとても難しく、たとえばガラス瓶やペットボトルに水素水を入れても簡単に「水素」がすり抜けてしまいます。水の中に充填された水素の濃度をキープするためには、アルミ製のチアーパックが向いているといわれています。
 いま、全世界で注目されている日本の“水素水”
トップアスリートや某有名人が日本の水素水を愛飲しているのは
日本の水素水が、高水素溶存率で美味しいからこそ、多く選ばれています。