ユーグレナが痛風の予防と治癒に有効

痛風とは・・・
痛風は尿酸が体内に蓄積、それが関節に析出して激しい関節炎を伴う症状になる病気です。
すなわち、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患です。尿酸結晶画像 名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘・手や胸骨など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が触れてただけで痛む、の説もある)ことから命名された。

医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。高尿酸血症の患者にきっかけが加わると痛風を発症するのだが、何がきっかけなのか明確ではないことも多い。また、痛風にかかるのは20歳以降の男性が多いです。血清尿酸値は遺伝と環境の両方が関係するので、それらの知識を持ったうえで対処する必要があります。必ずしも恒常的な高尿酸血症患者がすべて痛風発作を起こすわけではなく、そのメカニズムは解明しきれていないが、よく知られている発作のきっかけとしては、脱水症状に伴う急激な尿酸値の変動物理的衝撃による結晶の剥落不適切なタイミングでの尿酸コントロール薬の投与激しすぎるスポーツなどが考えられている。アルコールの痛飲はアルコール代謝に水が回ることで起こる脱水症状に加え、乳酸と尿酸の競合による尿酸排出の遅れによって尿酸値を激しく変動させ、翌日朝に痛風を起こすきっかけとなることが多いともされるあくまで、高尿酸血症の患者でも痛風を起こさないケースは少なくないため、引き金となる要因が全て分かっているわけではない。米国で、高尿酸血症の患者に尿酸値を下げる薬を処方しないのはその考え方に基づいているが、高尿酸血症は腎臓結石など別の病気のリスク要因であることは忘れるべきではない。

日本では・・・
痛風や尿酸値が高いと診断されると、尿酸値を下げる為のが処方されます。その際に胃の炎症を防ぐ胃薬的なものと、痛み止め薬も同時に処方されるのが現状です。しかも、3~6ヵ月かけて徐々に尿酸値を下げて薬の量を決めていきます。なんだか薬漬けにされている感じがしませんか?
ユーグレナ(ミドリムシ)は実際効果があるの?
試しに自分自身の体で体験してみました。
ユーグレナ(ミドリムシ)を知ってからの変化を実体験として表示しています。
平成25年1月28日~平成27年9月25日
検査名 基準値 H25. 1/28 H27. 9/25 変数値
GOT(AST) 10~40 IU/L 54 23 -31
GPT(ALT) 5~45 IU/L 114 37 -77
γ₋GTP 5~76 IU/L 105 48 -68
CRP定量 0.00~0.30 ㎎/dL 0.26 0.12 -0.14
HbA1c 4.6~6.2 % 6.9 5.8 -1.1
※あくまでも、個人の結果です。
ユーグレナ パラミロンを食べ続けました。
尿酸とは・・・
プリン体
と呼ばれる物質の代謝産物であり、プリン体を多く摂取すると高尿酸血症、さらには痛風の引きがねとなると考えられる
痛風を予防・治癒する為には・・・
痛風を予防・治癒する為には、プリン体の排出尿酸値を上げないが大切です。
あなたは、
薬ではなく
痛風に有効的な方法が
実在することを
知っていますか?

痛風だけでなく、現代における“生活習慣病”にも有効な方法があるんです。
それは、“ユーグレナ”と、“水素水”だったんです。
長く薬を投与した体と、自然界に存在する物を飲食する
どちらが健康的な生活を送れるかは一目瞭然ですね。
ミドリムシに含まれるパラミロンはプリン体の吸収を抑制し、体外へ排出させることを目的とした、プリン体吸収抑制組成物の有効成分として、きわめて有用で、水素には、利尿効果を高め、食欲を調節して体脂肪を下げる働きもありますので、痛風はもちろん、生活習慣病のすべてに効果があるといえますね。
すでにユーグレナ社が、ミドリムシには
プリン体の吸収を抑制 – 痛風予防にも期待大として「パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤」特許を取得しています。
また、アルコールを飲んだ後はぐっと尿酸の数値が上がるのに対して、2リットルの水素水を飲んだ後は、尿酸値が下がるというデータが報告されています。
痛風だけでなく糖尿や高血圧などの生活習慣病を予防し、
治癒への近道は
ユーグレナ”と、“水素水”を摂り続ける
といったシンプルかつ、簡単な事
だったのです。
オススメ関連記事
花粉症軽減効果にはユーグレナ(パラミロン)
活性酸素と水素水
水素水の効果効能