ルテインとは

まずは知って欲しいカロテノイド
カロテノイドドとは?
動・植物、微生物などが持つ 赤色、黄色、紫色などの色素の総称をカロテノイドという。
カロテノイドには、抗酸化作用抗ガン作用があるといわれ、病気になると血中のカロテノイド濃度が下がる事もわかってきた。
また、カロテノイドの種類によっては体内に蓄積されて、細胞を保護している。
天然のカロテノイドには、みなさんが一度は耳にしたこともあるβカロテン(βカロチン)や、リコペン(リコピン)ルテインなど約600種類あるが、動物はこれらを体内で生成することはできず、野菜や果物から摂取する他ならない。
これらは色素であり、熟した物ほど含有量が多く、摂取後体内で働くまでに約10時間ほどかかるとされています。
カルテノイドを様々な野菜から1日10mgが望ましく、野菜には抗酸化力の強いビタミンBや、Eを含みカロテノイドと強調し高めあう事から、1日350gの野菜のうち120gの緑黄色野菜を摂る事を、厚生労働省が推奨している。
カロテノイド
βカロテン
ルテインとは
600種類以上知られているカルテノイドのうちのひとつのルテイン
ケールや、ほうれん草、ブロッコリー等の緑葉野菜や緑黄色野菜、
卵黄、動物脂肪に多く含まれる成分
人間の体内器官や、乳房・子宮頚部に多く存在する事が現在では良く知られ
特に、眼の水晶体や黄斑部に多く、この部位が正常に働くための重要な役割を果たしています。
カロテノイドは、黄・赤・オレンジなど鮮やかな色素をもっており、私たちの健康を支えている緑黄色野菜や果物に含まれています。 人間のからだの中では作ることができない成分なので、野菜や果物、サプリメントから摂取する必要があります。 「ルテインサプリメント」は、6つのカロテノイドをバランスよく配合した、まさにカロテノイドの黄金レシピ。 「ルテインサプリメント」では、その黄金レシピはそのままに、注目の抗酸化成分 “ミルトジェノール®” をプラスしています。
 ※β-カロテンは栄養機能食品として、以下の機能表示が認められています。
・夜間の視力の維持を助け、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。