アナタの水素水は本物?偽物?

 『安くても 水素溶存率が低いと ただの水』 
巷で話題の水素水ですが、実は15年以上前から販売されていました。
当初は、より水素溶存率(水素の含まれる割合)の多い物を競って販売していましたが、今では価格競争に移行しがちです。
ただ、そこには水素溶存率を度外視した某メーカーも多く



ただただ〇〇水素水と表記されて販売している
悪質極まりない物のが7割以上です。

ペットボトルの物だと約27時間で水素濃度はほぼゼロに、
アルミボトルでも約30時間でほぼゼロになることが事実です。

言うなれば購入し、飲むころには“ただの水”です。

アルミパウチは高価な反面、約3ケ月~6か月(充填時水素溶存量により異なる)水素が保たれる事がわかっています。
水素水との表示があっても、水素溶存率の表示がない物もマユツバです。
あなたの飲んでいる水素水は
本物?それとも偽物?

水素水を購入の際は
水素溶存率と日付のご確認をお願いします

※ご理解いただけたなら、消費者保護の為にもシェア及び、拡散をお願いします。
話題の水素水はどれがオススメ?
いざ水素水購入といって、どれを選んで良いのかわからない。 据置き型の生成器にスティックタイプの生成器、アルミ缶にアルミパック メーカーに至っては多すぎる 😥 誰か分かり易くカンタンに教えて・・・・・ 😥 って人必見!!
  水素水を選ぶときのポイント五箇条 
 1、水素溶存率で比較すべし! 
水素水なんだから水素が多く溶けていなけりゃ意味がない!!
水素溶存率(ppm/L) ※%>ppm>ppb>ppt となり表記に注意!
 2、酸化還元電位で比較すべし! 
酸化還元電位は、物質が持つ酸化力及び、還元力を示す値
ブラス側の物質は酸化作用(老化)があり、マイナス側の物質は還元作用(抗老化)があることを意味します!
 3、価格で比較すべし! 
高価ではお財布の中が酸化してしまう だからといって、安い物には落とし穴 多少の高値も、病院での治療費を考えれば、プラスαの水素水!
 4、ライフスタイルで比較すべし! 
どんなに良い水でも持っているだけじゃぁ~タダの水 まさに、宝の持ち腐れ! 運動の前に飲むと乳酸を抑える水素水 日頃から手軽に飲める物をオススメ!
 5、おいしさで比較すべし! 
どんなに良い物でもおいしく飲めなきゃ長続きしない ミネラル豊富な方がお得でしょ!
関連記事